FXと外貨預金について

近年、世の中ではFXが投資商品としてとても人気があります。
外貨を扱う金融商品として外貨預金とどう違うのでしょうか?
FXと外貨預金との違い、そしてFXを活用することのメリットをお伝えします。

 

まずポイントとして挙げられるのは、FXの取引手数料は外貨預金に比べて断然安いという事です。
通常メガバンクや大手銀行では、ドルを買う場合には片道1円の手数料がかかります。
なので、例え外貨預金をしたとしても、為替差益で利益を得るということはなかなか難しいのです。
一方、FXの場合は多くのFX業者が手数料を無料としていますので、その時点で外貨預金よりも優位ということになります。

 

次のポイントとして、FXではレバレッジが使えます。
レバレッジを簡単に説明すると、一定額の証拠金を積むことによって、自己資金以上の金額の購入が可能になるということです。
現在、個人では最大で25倍のレバレッジをかけることが出来ます。
為替相場の変動状況によって、資産に対する損失が大きくなってしまうことも考慮しなくてはいけませんが、断然優位に取引が出来るのは確かです。

 

もう一点、FXは24時間リアルタイムでの取引が可能です。
一般的に銀行は日中しか取引対応を行ってくれませんが、24時間常に動いている為替相場を見極めて、有利なときに売買が出来るのが魅力です。

外貨預金との違いーFXを始めるために必要なこと関連ページ

FXの注意点
スワップについて
レバレッジについて