レバレッジは低めの資産管理を

FX取引につきものの、レバレッジをかけた取引は、少ない証拠金(元手)で、大きな利益をもたらすことのできる庶民の味方です。
現在、国内では個人口座で最大25倍までのレバレッジをかけて取引をすることができます。

 

レバレッジ取引は、便利な反面、正しく使わないと、とても危険な側面を持っています。
最悪の場合、市場退場を余儀なくされる場合もあります。

 

FX市場の相場は生き物のようで、必ずしも思い通りに動いてくれるとは限りません。
思惑が外れてしまうこともよくあります。
もし、いつもレバレッジを最大にかけて取引していれば、思惑が当たればリターンが大きいですが、もし急な、思惑とは反対方向の相場の動きが少しでも起きたら、資金面で耐えることができず、すぐに自動ロスカットされてしまいます。

 

初心者にありがちな考え方で、使えるものは最大限活用して大きな利益を得たいと思ってしまいがちですが、余裕を持った資金管理が、相場の世界で長生きし、着実に利益を出し続ける秘訣です。

 

最大限25倍のレバレッジを使い切ってハイリターンを狙うのではなく、高くても10倍程度に抑えて、常に余裕のある取引を心がけたいものです。

 

もしスワップ狙いの取引スタイルなら、レバレッジはもっと低く、3倍くらいが安全な資金管理と言えるでしょう。

レバレッジについてーFXを始めるために必要なこと関連ページ

FXの注意点
スワップについて
外貨預金との違い